モビット 西新宿

モビット

モビット 西新宿

その人の信用を担保にしてお金を貸してくれる金融機関を「消費者金融」と言います。実際には無担保で無保証な上に即日融資が簡単に出来ると言う特徴が有ります。別名「ノンバンク」とも言われており、銀行の様にお金を預金出来ない機関となっています。元々はサラ金として消費者金融は設立されていたのです。昔は消費者金融のイメージは本当に悪い物でしたよね。「高利貸し」と言う事もあってか返せない人も出てきて自殺に追い込まれてしまう人もいた実際にいたようです。そんな暗いイメージが有った消費者金融ですが、今ではCMで有名タレントを使って宣伝する等、一般的にもずいぶん浸透して来た様に感じます。手続きもとても簡単で銀行やクレジットカードのキャッシングよりとても簡単に融資してもらえます。基本的には申請して即日融資してくれる消費者金融会社が多いです。また消費者金融も様々有り、会社によって金利の設定が違います。近年においては金利も高金利と言うよりは10%以下の金利で融資してくれるところも現れてきたそうです。また何十日以内なら無利息と謳っている所も有り、使い方次第では利息もそんなにかからずに利用できる場合も有ります。計画的に使わなければ雪だるま式に返済額も増えていき、返せなくなると言った危険性も有りますが、計画的に使う事で生活のヘルプ的な存在として利用する事も可能です。使い方次第で良い様にも悪い様にも転がりますので注意して使う必要が有ります。
利息と言うのは現在の残高に対して算出される金額になります。これは消費者金融でも銀行系ローンでも同じ事が言えます。例えば100万円借りたとして年率が10%有るとします。この場合100万円に対して10%の年率をかけて10万円になります。それを月額で支払うのであれば12で割って大体8334円位の利息が月額付けられる事になります。毎月5万円支払うのであれば、消費者金融会社にもよりますがここでは支払い額とは別に利息をプラスして支払う場合としましょう。この場合は58334円その月に支払う様にします。そして次月は100万円から58334円を差し引いた94万円強に対して年率10%が掛けられる様になると言う計算方法を取っているのです。消費者金融の場合は随時返済する事が可能ですよね。この場合は12ヶ月で割るのではなくて365日で割って、借りた日数分の利息を支払う事になります。こう考えて行くと、返済期間が長引けば長引くほど利子は増えて行く事になりますので、月々の支払額が低いからと言って得をしていると言う事にはならないと覚えておきましょう。そして各金融会社では支払い方法もバラバラです。毎月の一定の支払い額でその中に利息を含めている場合、一定額だけれどもプラスして利息を支払う場合と色々有ります。それによっても総支払額が変わってくる事になりますので、その点も注意する様にしましょう。利息は出来るだけ支払いたくありませんよね。こうした事もきちんと頭に入れた上で計画的に借りる様にしましょう。
暗いイメージが有った消費者金融ですが、最近はテレビCM等も行う様になってきて大分消費者金融が一般化されてきました。しかし近年においては消費者金融の勢いも止まってきた様な印象もあり、利用する人も減少傾向に有ります。そして法改正により年利が低くなってきている事も有って、消費者金融は今が利用時と言う様な感じがします。消費者金融は使い方次第ではとても便利に使っていただけますので、申込の際の条件について等を挙げてみたいと思います。
申込みに関しては大体どこの消費者金融会社でも変わらないと思います。申込み用紙が有りますので必要事項を記入し、身分を証明できる書類を一緒に提出するだけでお申し込みが完了します。もちろんお金を借りる訳ですから審査は行われますが、過去の取引履歴空返済事故がなければ大体は審査も無事に通る物と思われます。また申込みをする際には窓口に直接行って申込みをする方法が有りますが、最近は無人契約機を設置している消費者金融が有りますので、誰に見られる事なく、誰に会う事もなく契約をする事が出来る様になっています。また現在の職業が正社員にしろ、アルバイトにしろ安定した収入が有るのが条件として有ります。これによって返済能力があるかどうかを見ているのです。ただし、申込みをしても必ずしも審査で通るわけではありません。審査が通らなかった場合、何故審査が通らなかったのかと言う理由を知る事は出来ないそうです。
申込みを消費者金融にする場合、先ずは審査を行う事になります。融資対象者に資格が有るかどうかを厳格に見極め、審査技術やノウハウを活かして「適正与信」を見極めていくのです。新規契約の場合でもこの審査にかかる時間は30〜40分程度と言われており、即時審査が可能となっています。最近話題の自動契約機でも簡単に審査してくれる特徴が有ります。審査をする前には申込みをしなくてはいけませんが、色々な申込み方法が有ります。店頭、郵送、インターネット、電話、自動契約機等が挙げられます。自動契約機等もご自身の画像は消費者金融の担当者に行きますが、対面する事無く映像を見て頂くだけで審査をしてくれますので対面したくないと言う方でも手軽に申込みが出来ます。そして申込みが無事終了して利用をし、返済となるとどういう方法があるのでしょうか。消費者金融の返済方法は多種多様となっていて、店頭で直接返済する方法、引落し、現金書留、銀行振り込み等色々有ります。そして通常はリボルビング方式で返済する様になっています。借入限度額が予め決まっているので、利用額に応じたリボルビング返済額を設定し、その通りに毎月支払っていくと言う方法です。カード利用によって随時入出金出来る事もATMやCDを利用する事で出来る様になっています。もちろん追加返済も可能となっていて、利息も日割り計算で付与されますのでカードであれば、ATMとかCDとかでいつでも返済可能となっています。
どの様な仕組みで消費者金融は利用者に対して「キャッシングサービス」を提供しているのでしょうか。また、一言で消費者金融と言っていますが、キャッシングと言う形で融資をしてくれる消費者金融機関は、銀行や信販会社等色々有ります。これらの違いとは一体どんな事なのでしょうか。私達が現在普通に持っているクレジットカード。キャッシングの機能だって付いている場合が多いと思います。付いている機能だと思えば気軽に使用してしまいたくなりますが、その前に消費者金融の性質とは何かと言う事を充分に学んだ上で利用する様にした方が良いと思うのです。またちょっと違った形態で、クレジットカードを現金化すると言う看板をそこらじゅうで見かけますよね。これについてもきちんとした知識を持っておくと良いと思います。クレジットカードを現金化すると言うのはよく分からないと思いますが、クレジットカードにはショッピング枠が有りますよね。このショッピング枠を利用して現金化してくれるサービスの事を指しています。但し使えるショッピング枠全部が無利息で借りられると言う事は有りません。結構な手数料を取られる可能性が有りますので、きちんとした知識を持って利用する様にした方が良いでしょう。こうしたクレジットカードの現金化も新たなキャッシングサービスと言うのかもしれません。何がメリットで何がデメリットかをよく見極めた上で消費者金融の性質をよく知り、利用する様にするといざと言う時にとても便利だと思いますよ。
「貸企業」の規則等に関する法律が有るのですが、その法律に基づき内閣総理大臣や都道府県知事によって登録を許可され、私達(消費者)に対して資金を融資してくれる会社を消費者金融業者と言います。消費者金融と同じ様な感じで資金を融資してくれる会社としたら、銀行や信販会社、クレジットカード会社等も有りますが、こうした会社と消費者金融会社の違いとは一体何なのでしょうか。一言でその違いを表すならば「担保」が櫃王か不要かと言う事ではないかと思います。銀行や信販会社等が私達消費者に融資を行う場合、財産が有るかとか、保証品が返済をしてくれるかとかそうした確約を「担保」にして融資をしてくれる様になっています。しかし消費者金融が私達消費者に資金を融資してくれる場合は、そうした担保は一切不要で消費者自身の信用度合いによって資金を融資してくれる様になっています。消費者金融が無担保で貸してくれると言うのはとても良い事だと思ってしまいがちですが、利用にはその分注意する必要が有ります。多くの消費者金融会社は内閣総理大臣や都道府県知事の登録を受けている会社なので優良会社と言えるかもしれませんが、登録を行っていないで営業している消費者金融会社が有ります。これはいわゆる「ヤミ金」に値すると思いますので、利用しない様に注意しなくてはいけません。こうした消費者金融に対する理解がきちんと出来ていれば、悪徳業者につかまる事も無いと思いますので、消費者金融を利用するのであればその辺はきちんと理解する様にしておきましょう。
「おまとめローン」と言う言葉を知っているでしょうか。複数の消費者金融から借り入れている人に対して、その債務を一本化してまとめて返済していこうと言うローン商品になります。ではおまとめローンを実際に行って、返済自体が本当に楽になるのでしょうか。その効果を挙げてみたいと思います。おまとめローンの効果としては、債務が一本化される様になりますので、現在の債務額がどれ位有るのか状況が分かりやすくなると言うメリットが有ります。また、振込をして返済している場合、1つの所に返済する様になりますので振込手数料等無駄なお金を払わなくてもよくなります。また、現在の金利とおまとめローンを扱って所を比較して低金利であるならば一本化する事によって金利自体も減らす事ができ、総返済額も減らす事が出来ると言うメリットも有ります。法改正が有り、年収の1/3までの金額しか消費者金融から借り入れが出来ないと言う事になりましたが、債務者がおまとめする事によって金利が低くなったり、返済額が少なくなったりすると言うメリットが有る場合においては、その対象外となるとされていますので、多重債務で毎月の返済が厳しいと悩んでいる方はおまとめローンを利用してみると言う方法も検討してみると良いでしょう。おまとめローンに関してはサービスの出始めの時は審査が厳しく、なかなか実行に至らないケースも多かった様です。しかし現在は多くの消費者金融業者がこのサービスに注目をし、債務者が有利になる様におまとめローンのサービスを提供する様になっています。
単純にお金を借りたいと言うのであれば、金利が安い銀行とか信販会社とかを利用する方が消費者金融を利用するよりお得なんじゃないかと思ってしまいます。そう思われてしまう程、消費者金融の利率は他の金融機関と比較して高めとなっているのです。しかし高金利なのにはそれなりの理由が有ってそうなっていると言う事らしいのですが、私達消費者のニーズに消費者金融が応える為にやむなく行っている事だと言うのです。そのニーズとは一体何なのかと言うと色々有るのですが、先ずは消費者金融の特徴である「即日融資」ですね。審査も30〜40分程度ととてもスピーディーに審査してくれるので、今すぐにお金が必要だと言う方にでも手軽に利用して頂ける様になっています。こうした「直ぐにお金が必要」と言う利用者のニーズに的確に応えているのです。しかし手軽に融資してくれるからこそ、返済をしてくれないと言う「貸し倒れ」と言う事象が多発する様になったのも事実です。手軽な分直ぐに借りれてしまうので、返済金額もよく考えないまま借りてしまって、いざ返済等時にお金が無くて結局返せなくなってしまったと言う事象が起きてしまったのです。こうした貸し倒れを防ぐ意味として消費者金融側が金利を他の金融機関より高く設定し、消費者金融側のリスクを低くしていると言う理由が有るのです。こう考えると納得できる理由ですよね。それをきちんと把握した上で高金利である事も理解し、手軽に借りられる分、慎重に利用する様にしましょう。
初めて消費者金融を利用しようと思った場合、色々有る中からどこの消費者金融を選べばいいか分かりませんよね。そこで色々選び方は有りますが、いくつか消費者金融の選び方を挙げてみたいと思います。

 

 

 

【金利で選ぶ】
お金を借りるのですから利子は安い方が良いですよね。当然実質年率が低い所の方が返済金額も少なくなると思います。アットローンやモビットの様な銀行系でキャッシングをする場合は一般的に金利が低いと言われていますが、消費者金融でお金を借りると金利は高い傾向にあるそうです。しかし刈り方に寄りますが、短期間で返済できるのであれば一定期間無利息と言うサービスを行っている消費者金融を利用する方がお得な場合も有ります。こうした金利を考慮して消費者金融を選択する様にするのも選び方の1つです。

 

 

 

【返済方法で選ぶ】
次に消費者金融の選び方のポイントとして挙げたい項目に「返済がしやすいかどうか」と言う事が挙げられます。お金を借りた後に心掛けたい事として「延滞をしない」「返済日は守る」「早く返せるなら返す」と言う事が挙げられます。消費者金融ではATMを利用して出金や返済が出来る様になっていますが、機械によっては出来る物と出来ない物があるかもしれません。返済がしにくい様だとついつい延滞してしまうと言う事にもなりかねません。銀行引き落としにしているのであれば良いのですが、その方法が使えないとなると返済の仕方で毎月困ってしまう事になります。返済方法に選択肢があり、自分の生活パターンに合う様な返済方法が有る消費者金融を選ぶ様にすると良いでしょう。
原則的に消費者金融では審査が終了してからOKであれば直ぐに誰でも融資をしてもらう事が可能になります。消費者金融のメリットはこの審査から融資までの速さが速いと言う事が大きいメリットとして挙げられるのではないでしょうか。これは今すぐにお金が必要と言う人にとっては有りがたい話だと思います。但しこの速さが実現できるのは借入額が総額50万円未満である事が条件になります。消費者金融では1回に50万円以下の借入額の場合、無担保でOK、保証人も原則不要と言う事で貸して頂ける様になっています。もちろんそれ以上の借入額になると額が高くなりますので、収入証明書が必要になったりだとかそれなりに審査に時間を要する様になってくると思いますので、消費者金融だからいくらでも直ぐに貸し出してくれると言う勘違いをしない様にしましょう。こうした条件をクリアした上で審査自体が数秒程度で終了し、融資までたった30分位で済むと言う所が多いのが消費者金融のメリットではないでしょうか。早く融資してくれる消費者金融の場合、注意しなくてはいけないのはその金利の高さになると思います。速ければ速い程金利が高くなる傾向も有りますので、借りる際には返済期間等も考慮した上で借りる様にした方が良いでしょう。短期間で全額返せると言う場合にはとても良いメリットではないかと思うのです。消費者金融のメリットとして審査から融資までの速さが銀行系のキャッシングを申し込む際と違って速いと言う点が挙げられます。
一番の消費者金融のデメリットは金利が高いと言う事だと思います。金利が高いと言う事は借入額が高額になればなるほど、利用金額が長くなればなるほど、支払う金利が増えると言う事になりますので利用者側の負担がかなり大きくなってしまう事と思います。消費者金融のメリットの1つに、全部では有りませんが消費者金融会社によっては短期間の借り入れであれば利息ZEROと言う様な感じで貸出をしている所も有ります。こう見てみると消費者金融の利用をする場合には、短期間で有る方がお得なんだなと言う事がお分かり頂けると思います。高金利になるとお金は確かに借りられるかもしれませんが、足りなくて借りているのに返す利子が高くなるとその分返済に負担がかかってしまい、結局再度返済額が足りなくて借りてしまうと言う雪だるま式になってしまう可能性が有るのです。つまり高金利の消費者金融を利用する場合は、高額の場合、長期間利用の場合は損をする事が多いと言う事を覚えておきましょう。また、消費者金融のイメージでは今は大分よくなってきましたが昔はお世辞にも良いとは言えませんでしたよね。有りえない高金利で取り立て屋が来てと言うイメージが有ったと思います(テレビの世界だけだとは思いますが)。そうしたイメージが悪いと言う事も消費者金融のデメリットに値するかもしれません。高金利も短期間であればメリットに変わる場合も有りますので、この点をよく理解した上で利用する様にしましょう。
意を決して消費者金融で借入しようと決めて申込みをしても審査に通らなかったとして融資を断られてしまっては気分が悪いですよね。自分が何をしたって言うんだと言う様に否定された気分になってしまうと思います。1回審査で落ちてしまうと、他の消費者金融でもやっぱりダメなんじゃないかと思ってしまって借入自体を躊躇してしまう様になるかもしれませんが、審査基準は全ての消費者金融で同じではなく、会社によって違いがあるのです。ですからここの消費者金融はダメだったけど、こっちの消費者金融で審査してもらったら審査が通ったと言う事象は結構有るみたいですよ。ですから諦めないで再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
とは言っても審査で各消費者金融が共通してチェックしている項目が有るみたいです。それを審査のポイントとしてご自身が該当しているか見てみると良いでしょう。それが「安定した収入」です。長期的に安定した収入が得られる方なのかどうかをポイントとしているみたいです。また現在の他社での無担保の借入件数と借入総額も審査のポイントとなります。
では審査に有利な条件と言うのはどんな条件なのでしょうか。過去に返済滞納の様な返済事故がない方、正社員の方、大手企業に勤めている方、勤続年数が長い方、持ち家に住んでいる方、20〜30代の方だそうです。この条件はあくまでも条件としては最高な感じなので絶対と言う訳ではありません。参考程度、目安として見てみてください。
消費者金融の利用をする際、先ずは申し込みをして審査を受ける事になり、その審査が通って初めて利用出来ると言う流れになるのですが、この審査が通らない場合と言うのももちろん有ります。何故審査が通らないのか、その主たる理由を挙げてみたいと思います。先ずは「現在も含めて数ヶ月以上に渡って収入が無い方」の場合は、借りたとしても返済する能力が無いとしてみなされますので審査が通らない理由となります。但し皆が皆この限りではなく、ご家族の中に一定の収入が有って返済が困難で無いと判断された場合、審査がOKになる事も有ります。次に「ブラックリストに登録されている方」の場合は審査が通らない可能性が有ります。ブラックリストには過去の返済状況が記載されている事も有り、その中に3ヶ月以上返済を滞納していた場合はその旨が記載されてしまいます。こうした信用情報は大手の消費者金融であれば共有していますので、どこの消費者金融であっても信用が無いとみなされて借り入れが出来ない様になります。但しこの信用情報は一生涯載っている訳ではなく、完済してから5年が経過すれば蹴る様になっていますのでそれから新たに申し込む様にすると審査に通る可能性が出てきます。そしてこの「信用情報が照会出来ない」と言う場合も審査が通らない可能性が高いです。これは消費者金融側に嘘の情報を提出した場合です。信用情報には本当の個人情報が記載されていますので、嘘の個人情報ではマッチしない事になり照会出来ないと言う事になります。それだけで信用に値しないと判断されますので借り入れが出来ない様になってしまいます。
賢い消費者金融の利用方法をご紹介してみたいと思います。ここでは銀行の時間外手数料と消費者金融の利息を比較しての利用方法です。銀行に預けているお金を下ろす際、時間外だった李ATMによっては105円、210円と言った引き出しの手数料がかかりますよね。利息がさほど付かない現代の銀行事情において、この手数料もとても痛い出費となると思うのです。銀行によって時間外の引出手数料を無料にしている所も有りますが、そのサービスを利用する為には、公共機関の引落しをしたり、お給料の振込口座にしたり、モバイルバイキングを利用したりする等、結構条件を付けなくてはいけないと思うのです。だからと言って次の日まで待って引きだすと言うのも嫌ですよね。そんな時には高金利で手を出したくないと思っていたキャッシングの方が実は低金利で利用出来る場合が有るのです。キャッシングをして金利がかかったとしても、次の日に返せるとしたら金利も日割り計算になりますので金額によっては銀行の引出し手数料より安くなる可能性も多いのです。この方法は手数料や金利を節約すると言う意味では良いですが、短期間で返済出来ないのであれば意味が有りませんので、気を点ける様にしなくてはいけません。また返済に関してもインターネットを利用出来る様にしておかないと、硬貨の取扱等で困ってしまう事になりますのでその点も合わせて確認して賢く利用する様にしてみると良いと思いますよ。
主に挙げられる消費者金融の特徴について挙げてみましょう。消費者金融を利用しようと考えている方は是非参考にしてみてください。
・審査が簡単ですので融資も簡単にしてもらえる。
・審査から大体30〜40分程で融資を受けられますので即日融資が可能。
・返済もリボ払いで返済できますので低金額で毎月返済できます。
・返済方法が色々有り、選べるメリットが有ります。
・取引額に応じて金利が下がる特徴が有ります。
・色んなキャンペーンを展開しますのでお得に利用する事が出来ます。

 

・他社で融資を受けていても融資を受ける事が出来ます。
と言った様な特徴が主に消費者金融には挙げられると思います。これだけ見るとメリットが多いように思えますが、「高金利」とか「イメージ」とかデメリットな部分ももちろん有ります。こうした点を踏まえて上手に利用すると良いでしょう。また金利の計算方法が日歩計算である事から、利用したその日に返済をする事も可能だと言う事も有ります。使い方次第では銀行の引き出し手数料より金利の方が安いと言う事もあり得ると言う事なのです。最近では更に条件や期間は有りますが「無利息キャッシング」をしている消費者金融も有りますので、給料日前で使いたいけれども今はお金が無い。けれども給料日で直ぐに返す予定と言う場合には非常に便利だと思います。こうした消費者金融の特徴をよく熟知したうえで消費者金融を賢く利用していきたい物ですよね。
いくつか消費者金融を利用した場合の返済方法が有ります。ご自身の生活リズムに合わせて返済方法を選ぶ様にすると良いと思います。そこで一般的な返済方法を挙げてみたいと思います。

 

 

 

【ATMで返済】
消費者金融が提供しているATMは年中無休で24時間で稼働している所が殆どです。と言う事はいつでも返済が出来ると言う事でも有ります。操作方法もとても簡単に出来ますので返済したいと思ったら直ぐに返済に行くと良いでしょう。またATMは大手の消費者金融であればかなり多くのATMが色んな場所に設置されていますので、お近くの行きやすいATMをきちんとチェックしておく様にしましょう。

 

 

 

【口座引落しで返済】
消費者金融によっては毎月決まった日に口座から引落しをしてくれる所も有ります。返済しに行く手間が省けますのでオススメの返済方法です。但し、返済金額に満たない場合は引落しがかからず別の方法で返済する事になりますので、返済日の前の日までにはきちんと口座にお金を入れておく様にしましょう。

 

 

 

【振込で返済】
消費者金融から返済専用の口座を指定されますので、その口座に対して利用者が直接振り込んで返済する方法です。但し手数料は利用者の負担になりますので、インターネットバンキングで振込手数料無料サービスをつける等すると良いと思いますよ。また返済期限の日に振り込む場合には15時までに振り込まないと翌日の振込扱いになりますので注意しましょう。
正しい消費者金融を利用する為、悪徳業者には引っかからない様にしなくてはいけません。その為にはまずは消費者金融の業者選びからチェックを厳しくしなくてはならないのです。例えばご自宅や携帯電話に勧誘の電話が頻繁にかかってきたり、ダイレクトメールが入っていたり、低金利で安心ですとかうたい文句が有る様なチラシだったりは注意してください。悪徳業者の可能性が有りますので乗らない様にする事が大切です。また申し込みをする時にしっかりした消費者金融であれば利息の計算方法とか、返済方法とか、手数料の事とかをしっかりと説明してくれる物だと思います。それが無かったり曖昧になったりする所は気を付けた方が良いと思います。また消費者金融会社では必ず金融に関した登録番号を振られているはずなので、その番号が有る業者を利用する様にした方が良いでしょう。但しそれでも悪徳業者である可能性は否定できませんので更なる注意は必要になります。そして契約時に色々書類を出されると思いますが、ご自身が納得しない限り絶対に署名・捺印をしない様にしてください。理解できないようであれば持ち帰って後日改めて契約する様にしましょう。業者と交わした書類も全て保管しておく様にしてくださいね。でも注意をいくらしても悪徳業者に引っかかってしまう事は大いに考えられます。もし引っかかってしまった場合には、業者の情報(名前、所在地、電話、登録番号等)をしかりと控えておいて各自治体の金融課に相談してみる様にしましょう。